CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< [タスク管理][手帳]働きながら国家試験に合格するためのタスク管理 | main | [iPhone] iPhone5 AU版 ゲットしました。 >>
[タスク管理][GTD] アナログなタスク管理の問題点
 GTDを実践するにあたって、
 収集したリストをどう管理するのか、
 日々のタスクの捕獲から、
 週次レビューでの整理などは、
 アナログな紙ベースで管理するより、
 デジタルベースで、しかもそれなりのアプリを活用した方が、
 私にとっては、より有効に実践できている気がします。
 
 今回は、紙ベースでの
 収集したタスク管理のワタクシにとっての問題点をエントリーします。
 
 
 
 ■個人的な紙ベースのタスク管理の弱点


 
 〇が下手なため参照したくなくなる


 ワタクシにとって一番苦痛だったのが、
 「字の下手さ加減っぷり」でした。
 To-Doノートを見るのが苦痛でした。

 

 

 
 汚い字を見る度に、いくら急いでいたとは言え、
 自分のダメ人間っぷりを自覚させられるので、
 見たくなくなってしまう、という誰にもどうにもできない
 大きな弱点がありました。

 まぁ、これは、ワタクシだけの問題です。 


 ◆崚承の手間」が嫌だった


 一番のワタクシにとっての問題点は、
「転記の手間」でした。

 転記しないと物理的にどんどん埋もれていく。
 新しいページに移行したときも、
 新ノートに変えるときも、
 常に「転記」が必要でした。 

 


 忙しいときにすべてのタスクをはき出して整理していくと、
 過去のタスクがそのノートのなかですごいスピードで埋もれていってしまうのが、
 本当に嫌でした。

 付せんなどで対応したときもありますが、
  紛失可能性(強粘着は高い)
  物理的スペースの制限、
  コスト面での若干の躊躇、
 ここらへんが問題となって、
 機能しきりませんでした。


 マスターノートに縛られる


 「転記」の手間を減らすため、
 タスク管理は一冊としていました。
 そうすると、絶対にマスターノートに記入しないといけません。
 この縛りに苦しめられました。
 
 いろいろな工夫の余地はありましたが、
 結局は、マスターノート以外に記入すると、
 転記、はり付けなどの手間が増えていきます。
 
 当たり前ですが、紙ベースには「同期」というは、
 完全に「手動」でやらなければなりません。
 
 時間があったときは、
 これらを時間をかけて「断捨離」的に整理するのも、
 嫌いではなかったのです。
 新しい発見があったり、関連性が見えたり。
 
 しかし、忙しくなると出来ないシステムというのは、
 タスク管理の方法として、機能していないと思うのです。

 
 
 た年先のタスクなどは管理しきれない

 
 もちろん、
 アナログベースで、工夫の余地があるのはたしかです。

 しかし、
 数年先のタスクなどの管理はとても悩ましかった。
 アナログの場合、リストが把握されているマスターノートは、
 最長、数ヶ月単位で更新されてしまうからです。

 なので、
 数年計画表みたいのも持つことはありましたが、
 当然、別リストになるので、
 振り返り頻度も少なくなります。 
 
 ワタクシ自身は、
 紙や万年筆を使ってノートにメモをするのもスキですし、
 できれば、
 一番好きなライフのノートを使って、
 管理したいと思っていました。
 
 しかし、
 本当に忙しい時に、機能しなければ意味がないわけで、 
 必要最低限の時間と労力で、
 「やるべきことに集中できる時間」を確保するためには、
 やはり、
 アナログベースではなく、
 タスク管理はデジタルのほうが優れていると思っています。
 
 
| 「超」整理手帳Stroller | 12:18 | comments(0) || pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zipangu.morolabo.com/trackback/984059
トラックバック