CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< iPhone とうとう大辞林 購入 | main | 日常 朝の一杯 直火エスプレッソメーカー 導入 >>
手帳 A4四つ折りサイズのノートが定着しない理由
 
 嗚呼、何故心弱きものなのか。

 追い詰められると、

 なぜか、まっきーとか聞きたくなる、

 お茶の水のヨワキスト morotaroでございます。

 
 これまでいろいろなノートを使ってきましたが、
 やはり、
 Lifeの紙+ルーズリング
 これの愛用度指数は過去最高を記録しています。

 R0015426

 その一方、常にいろいろためしているものの、
 定着しない便利なサイズがあるのです。

 やはり超整理手帳サイズ、
 A4四つ折りサイズです。
R0015427
 
 ロディアも含めて、なかなか常用にいたりません。
 
 サイズとしては自分にあっていないのか、
 紙質があっていないのか、
 それともハード面でそもそも、求めていないのか、
 いろいろ考えてみましたが、
 一番の理由は、
 「開きにくいこと」
 なのかなぁと思ったりしています。
 
 やはり、汎用サイズなので、
 A5の用紙を半分に折り、ステイプラーで留めるだけ。
 四つ折りサイズは、この形が一般的になるので、
 どうしても、構造的な側面からの、
 開きやすさ、記入しやすさというのは、探求されません。
 
 当然ニッチな市場ですので、
 どれだけ需要があるのか、疑問ですし、
 そもそもこのサイズが、いろいろな用途に適しているかというと、そうでもありません。

 今のスタイルの中では、
 いろいろな場面で、鉄人メモやこのサイズのメモを、
 活用しようとしても、どうしても最後まで生き残らず、
 淘汰されてしまいます。
 
 R0015314


 Lifeの紙で、
 

 超整理手帳サイズのノート、


 紙は50枚程度。


 一冊70円。


 でないかなー

| 「超」整理手帳Stroller | 20:20 | comments(0) || pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック