CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 文房具 LIFEのノートとメモクリップ | main | ScanSnap(2) 事前学習と現状分析 >>
ScanSnap ScanSnap for Macがやってきた!
 

 我が家にスキャンスナップがやってきた!

 とうとうやってきました!
 
 ScanSnap!

 

 実はだいぶ前に届いていたのですが、
 自分のワークスタイル、ライフスタイルに、
 どのように具体的に取り入れいていくのか、
 その方法論をふくめて、夢想していました。

 いろいろ考えて、自分なりに整理できたので、
 いよいよ実践投入できそうです。


 ■プロのメモ術・ノート術
  〜メモの事後処理という考え方〜

 いまからだいぶ前、学生卒業後から、
  +そもそものメモのとり方
  +メモの整理の方法
  +メモの活用方法

 資金を投じず、いろいろ工夫してきましたが、
 これだという決定的な形を自分でつくりだせませんでした。

 OUTPUTしたものを再び自分にINPUTするシステムの構築は、
 公私あわせて、大きな課題でした。

 とくに、学生時代に読んだ、

 プロのメモ術ノート術

 

 この冒頭にある、
 「メモの取り方を書いた本は数えきれないくらい出版されているが、奇妙なことにメモの活用法について語った本はほとんどない」
 「膨大な資料に目を通し、たくさんのメモの達人を取材して得た私の答えは『事後処理』の大切さ、だった」
 「アフターケアを怠っては、せっかくのメモやノートに蓄積した知識や知恵が生きるはずがない」


 この言葉、観点が出発点でした。
 残念ながら、このメモ術、ノート術はワタクシの低レベルさと、
 資金力では実践することができませんでした。
 
 それから10年来、
 いろいろ試行錯誤しましたが、
 結局、落ち着いたのは、

  +大事なメモはテキストで入力する  

 これでした。
 だから、入力しやすいキーボード付きの携帯端末にこだわってきたんだと思います。

 しかし、とにかく弱いダメ人間なワタクシ。

  +時間がなかったり、
  +手間がかかったり、
  +目の前にPCがなかったり、 


 いろいろないいわけが存在し、
 なかなか実行に移しきれず、
 埋もれていったメモがたくさん存在しました。 

 結局、
 
 
 モチベーションに左右される方法論しか確率できていなかったこと、


 そして、最大の問題は、


 そう、


 お金がなかったのです!





 いまでも…

  



 ■Scansnapを使ってみて


 前置きはさておき、
 ScanSnapを使ってみて驚くのは、
 その読みとり速度。




 いやー、
 本気で感動です。

 習慣化とか考える前に、
 気軽にできてしまう使いやすさです。

 
 今回処理したのは、

 前職の時の講演書類、雑誌など。



  +いらない
  +いる
  +捨てちゃうと不安

 で振り分け、「いる」「捨てちゃうと不安」の二つを、

 がんがんスキャンしちゃいました。

 MacBookにどんどん書類が保存されいていくのは、
 なかなか快感です。



 ScanSnapは、これまでのメモ、書類を中心とした紙の保存、
 整理法を大元から変革します。



 いや、まだされていないので、



 変革さえる予感がします。




 そんなわけで、ScanSnapの活用の模索のエントリー
 始めたいと思います。

| 「超」時間短縮Probationer | 19:41 | comments(0) || pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zipangu.morolabo.com/trackback/849977
トラックバック