CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< iPhone iPhoneとGmail(2) | main | HTC Universal プリモバ忘れる >>
iPhone Bluetooth A2DP ワイヤレス環境実現(初)
 
 Jabra BT3030 Bluetooth Stereo
 

 JABRA A125s Bluetoothアダプタ



 
 という二つのツールを使えば、
 iPhoneのワタクシにとって最大の弱点のひとつである、
 bluetooth A2DP非対応という状況を、
 打開することが可能です。
 
 iPhone 3G対応の同様のアダプタがあれば、
 簡単にワイヤレス環境を実現することができます。
 
 ツール選択の注意点は、

 ■アダプタ パスコード対応状況
 Blutooth機器は、認証のために、パスコードが必要ですが、
 アダプタが具体的に認証対応なパスコードが定められているようです。
 JABRA A125s Bluetoothアダプタの場合、「0000」のパスコード端末のみ対応可能でしたが、「8888」などでも可能なアダプタが存在します。

 ■ヘッドセット 操作可能状況
 ヘッドセットに、再生、早送り、ボリュームなどがついていますが、
 それが具体的に操作できるかどうかは、全端末で保障するものではないと思います。
 そこらへん情報収集してからのほうがいいと思います。
 
  

 ■ベアリング

 使い方はいたって簡単。
 ★BT3030、A125sともに充電完了させます。
 ★A125sをiPhoneに差込み、対応していない云々がでますが、
 「いいえ」を選択。
 ★A125s、BT3030ともに長押しで、ペアリングモード
 ★認識され完了
 
 
 ■利点
 このセットの場合、
 BT3030で、再生、一時停止、曲送り、曲戻し、ボリューム調整などができる!
 これは無理かなと思っていただけに、うれしい誤算でした。
 

 ■問題点
 
 ★iPhoneとの接続状況
 一番の問題点は、
 iPhoneとの接続部分のかみあわせの悪さです。
 つーか、すぐはずれてしまうので、
 鞄の中に放り込むと接続が悪くなり、
 音が途切れます。
 アダプタは、別途検討するか、
 持ち運びでの工夫が必要ですね。
 
 ★BT3030のバッテリーのもち
 これはもう少し検証が必要ですが、
 朝通勤で使い、帰りに使おうとしたらバッテリー切れで使えませんでした。
 電源を切っておかないとだめですね。

 検索してみたら、
 いろいろいい感じのアダプタがありました。

 

  
 
 
 
| 「超」iPhoneGrinner | 13:53 | comments(0) || pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zipangu.morolabo.com/trackback/766232
トラックバック