CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 手帳 ACT-LOGについて悩む | main | ネーミングセンス >>
手帳 通常サイズカバーの使い方
 
 
 ちょっと繰り返しになりますが、 
 LIFE A4 リングノートが絶好調なのです。


 手書きの味が、よい感じで、
 論理的に、重要なことやどーでもいいことが、
 整理できます。

 
 ただ、このサイズの問題点は、
 
 電車でたっているときは、記入できないということ。

 手書きのメモの快感を味わうと、
 O2 Xda Execの出番は少なくなりますが、
 手書きでメモをしたくなってきます。
 
  
 通常サイズの超整理手帳のカバーを活用し、
 定期入れ兼メモとしてつかう。
 なかなかいいアイディアかなと思っています。
 
 が、
 いつもぶつかる問題点。
 ■手書きメモの転記、データ化
 ■ポケット一つの原則 
 ■どんなメモの形式をとるのか
 
 一番ぶつかるのが、転記。
 気軽ですが、他人にアウトプットする際、
 どうしても必要な作業です。
 
 常にぶつかる問題ですね。
 A7メモも、結局これが理由で、
 ほとんど活用していません。

 スキャナ活用で、PDF形式で、保存しても、
 私の場合は意味がないので、
 ここらへん、考える必要がありますね。

 でも、とりあえずやってみる価値ありです。
 

 そう考えると、
 
 超整理手帳サイズであり、
 綴じ式であり、
 紙質抜群!
 しかも簡単に切り離すことができる…
 
 


 こんなノートがほしいのです。
 理想は、
 1)みすず堂
 2)ミドリ
 3)LIFE
 の三種類。
 いずれも方眼タイプ。
 
 綴じ式ですが、ミシン目がついていて、
 切り離すことができるんです。
 
 ど、どうでしょー。
 
 真剣に企画するかな。
 
    文房具 万年筆 softbank ソフトバンク スマートフォン ノート iPhone LIFE ライフ   
| 「超」手帳カバーCollector | 18:16 | comments(0) || pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zipangu.morolabo.com/trackback/742106
トラックバック