CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< Treo750 ガジェット i-tech 35s | main | 手帳 文紙MESSE2008 >>
手帳 ミトオセルイミ



 「超」整理手帳ユーザーの友人Mとの会話です。

 あるミーティングのなかで、

 友人M「あのさ、ジャバラってうまく使っていないんだよね、

     意味があるの?」
 
 
 
 きらーん! 
 
 
 ほほぉー
 
 
 
 ワタクシに、
 
 
 
 その話をする権利をいただけるというのですね…
 
 
   

 
 ■「綴じ型」手帳としても優れてる(と思ふ) 
 まず、前提となるコンセプトですが
 「超」整理手帳は、普通の「綴じ型」手帳として活用しても、十分優れていると思っています。

 【ノグラボエントリー】


 見開きで2週間

 見開き1週間、7日間が主流のなかで、
 見開き2週間、14日間見通せるわけですから、
 これだけでも、ですから、いいカンジです。
 ただ、この分スペースが小さくなってしまいます。 


 ■不確実性への対応
 
 友人Mの予定はクライアント優先。
 友人M「予定が自分優先に組むことができないし、
     不確実なことばかり。」

 
 
 
 
 ヘイ、ユー!




 「超」手帳法、


 ヨミナサーイ!

 
   

 
 ……
 
 
 

 「超」整理手帳のジャバラの意味は、

 不確実な事態に、対応するために

 先々の時間を、視覚的に、見通せるようにした

 ここに意味があると思いますYO。
 
 予定が一つ、ずれこんだりしたとき、
 ビリヤードのように、
 先々の「動き」を見通しながら、ことを進めていく必要があります。

 
 一つの予定が動いたことによって、
 他のどの予定を、
 どのように組み替えてく必要があるのか、
 先々を見通して、配置しなくてはいけません。
 
 そのため、視覚的に仕事、TO-DOの配置を確認し、
 後ろにずらせること、ずらせないことを確認しつつ、
 再度、スケジューリングし直す。
 
 1週間、2週間というスパンの配置ではなく、
 数週間という単位で見通しながら、
 配置し直せる威力は絶大です。
 
 
 ジャバラを開けば、
 
 最大8週間、56日間見通せるわけですから、



 その効果は絶大です。
 
 
 
 毎日ジャバラをひらく癖をつけることが重要であります。
 
 
 
 こんなに、
 
  
 一生懸命


 語ったのに、



 それほどジャバラ開いていない、
 


 ワタクシです…






 
 うにゃー!
 






まいぶろぐ
 いろいろアップ中デス。
 ご笑覧くださひ。 

| 「超」我等手帳Explorer | 19:52 | comments(0) || pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック