CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ORTHODOXEE 2008 スリットモデル 「超」整理手帳カバーレビュー | main | 02 Xda Exec HTC Universal 128MB化 >>
ORTHODOXEE 2008 スリットモデル(2) 「超」整理手帳カバーレビュー
 

 スリットのチカラ(2)
   黒を柔らかく魅せる 
 
 
 
 黒の手帳カバーというと、
 一般的に男性の支持を圧倒的に得ているような気がします。

 それもそのはず、
 黒という色は、
 ほかの色と比べて、人の目にうつる印象として、
 1.8倍の質感をあたえ、
 高級感、重量感などの質感をもたらし、
 男性色が強する色となります。
 
 この黒に、スリットが入ることで、
 高級感や重厚感はそのままで、
 黒が柔らかく見えるから不思議です。
 
 
 
 
 
 
 オーソドキシーの革質は認めながら、
 そのカラーバレーションのシックさから、
 WHCを選んだ友人のデザイナー(女子)が、
 このスリットラインをみて、一目惚れ。
 
 「これ、すごくいい!」
 
 と評価していました。
 
 ある雑誌の取材をうけた時、
 カメラマンくん(男子)も、

 「このカバーはいいですね、かなり素敵です」
 とベタ褒めでした。

 流行りの黒を持ちたいけれど、
 ちょっと男性色が強すぎる
 黒一色は少し…
 そんなためらいを、
 消し去ってしまうようなスリットラインです。
  
 
 
 スリットのチカラ(3)
   スマートに魅せる 
 
 
 
 これは完全にワタシの主観ですが、
 「超」整理手帳はサイズが大きいんです。
 なれてしまえば、関係ないのですが、
 「超」整理手帳のサイズは、手帳になかでも大きい部類にはいります。
 しかし、不思議と、このオーソドキシーラインが入るだけで、
 スマートに見える気がします。
 
 
 
 
 パーツが別れ、部分部分が細くないたり、
 アクセントがついていることによる、
 視覚効果でしょうか。
 
 素敵なオーソドキシーライン、
 デュアルはカバーの内側でした。
 
 
 見えるところにあるというのは、
 うれしいものです。


 
 ***********************
 
 
 オーソドキシーのカバーを使い始めてからはや3年。
 革の素敵な魅力を知ることができました。
 
 それまでは、ラフに使って味がでるのが革さ
 
 という非常に間違った革の知識にもとづき、
 ぼろぼろになった革などを、
 かっこよく使い込んでいると思っていました。
 
 しかし、本当の革の魅力は、
 使い込めば込むほど、、
 光沢が増し、馴染んでいく素敵なところなんだと、
 オーソドキシーの革に教えてもらったと思います。

 この08年スリットモデル、
 ひそかな楽しみの一つは、 
 時間がたつに連れ、
 染色過程の丁寧さが少しずつ表に出てくること。
 
  
 やまもとさんのエントリーで初めて知った黒の構成。
 オーソドキシーブラックは青が強い黒だそうです。
 http://www.noguchi.co.jp/MT/archives/2007/09/post_136.php

 青みかかった黒が
 3年後、素敵なブルーブラックになっている姿を想像すると、
 本当に楽しみです。
 
 男性でも女性でも使いこなせる
 秀逸のデザインと美しさをもった

 ORTHODOXEE 2008 スリットモデル
 
 どんな場面でも使っても、
 素敵に演出できるカバーだと思います。
 
 
| 「超」手帳カバーCollector | 08:23 | comments(1) || pookmark |
コメント
ORTHODOXEE2008スリットの超整理手帳の皮カバーは、現在、どちらで購入できるのでしょうか?
最高にいいデザインですよね。
| Fumihiro Kawahara | 2013/02/09 12:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zipangu.morolabo.com/trackback/605388
トラックバック