CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
          
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
[勉強]税理士試験合格しました!
JUGEMテーマ:学問・学校
みなさま、たいへんご無沙汰しております。

そして、
2014年 あけましておめでとうございます。
2014年、今年もお世話になりました。
さらに、
2015年あけましておめでとうございます。
2015年、今年もお世話になりました!!!

よいしょ!
2016年
あけましておめでとうございます!

……


2年半ぶりのブログ再開でございます。
タイトルの通り
税理士試験合格しました!

うおっしゃー!




大学院で論文も終わっているので、免除申請だせば、
晴れて税理士登録です。
長かったー。。。

そのうち、ざっくり分析しようと思っていますが、
合格した年の合格率は以下の通り。
 
平成23年 受験者数 合格者数 合格率 前年合格率
簿記論 23,871 3,528 14.8 12.5 合格
財務諸表論 18,650 3,101 16.6 13.1
平成24年 受験者数 合格者数 合格率 前年合格率
財務諸表論 18,246 3,785 20.7 16.6
平成27年 受験者数 合格者数 合格率 前年合格率
消費税法 9,249 1,215 13.1 10.3

簿記論   前年12.5%→14.8%
財務諸表論 前年16.6%→20.7%
消費税法  前年10.3%→13.1%

すべてなんとか滑り込んだ感が否めません。
最後の三年間は、大学院に行きながらだったり、
ハプニングがたくさんあったりなど、
思い返せば6年間、超絶大変な毎日でした。
ブログもなかなか更新できなくなりましたが、
これからは、ボチボチ更新していきたいと思います。









 
| 「超」日常Inaccurater | 20:47 | comments(0) || pookmark |
[小物] 小さい小銭入れ&薄いマネークリップ レビュー
ご無沙汰しております。

仕事、受験、大学院とえぶりでーてんぱりすとのもろっちです。
R0057105
そんなわけで前回更新から、1年近く更新も滞っていましたが、
紹介したいガジェットやら、鞄やらカメラやら、もう山盛りでございます。


そんななか、参加させていただいたプロジェクト

スーパーコンシュマーの母体であるアブラサスが新製品を発表いたしました。 
その新製品発表会にお招きいただきました。

んで、行ってきました!
 
名だたるブロガーさんたちが参加されていました。
伊藤浩一さんやShioさん、わんぱくブロガーさんなどにお会いすることができまいた。

もともと、アブラサス、スーパーコンシュマーのコンセプトが好きで、
ワタクシ自身、非常に重宝しているものばかりです。

薄い財布 、保存するメモ帳、薄いメモ帳、デザインする手帳、デザインするメモ帳
とれるカメラバック、文具王バック、ブロガーズトート…
unnamedunnamed (1)unnamed (2)
とくに現在欠かせないのは、
保存するメモ帳、文具王バックのガジェットケース×ブロガーズトートです。

ここらへんも、時間つくってレビューしたいなぁ。

■薄い財布を使う前

新製品発表会では、新しい二つの新製品
薄いマネークリップ 
小さい小銭入れ
が発表されました。

具体的な写真などは、公式サイトに譲るとして、思ったことをつらつらと書きたいと思います。 

IMG_0010 

実は薄い財布を使い始めてから、
ワタクシのオサイフライフは一変しました。

それまでは、フツウの長財布を使っていたのですが、
無駄なカードがてんこ盛り。
かならず、鞄のなかに「手帳スペース」「お財布スペース」を
確保しなければなりませんでした。

長財布の場合、お尻ポケットに入れると、いつかスラれるんじゃないかと、
時折、お尻に意識を集中、結果、意識が途切れることが多々ありあり。

でも、二つ折り財布はないな、と思っていたところ、
「薄い」というコンセプトに惹かれて購入したら、
かなりよひ。

とくに、思い切って、カードを断捨離できたのがよかったです。
6枚程度にカード整理しましたが、まったく不便を感じてません。

で、せっかく薄いんだからと、小銭減らそうと、
電子マネー活用を検討。
実際、クレジットカード、Edy、nanaco、Suicaがあれば、
定食屋さんとラーメン屋さん以外は、ほとんど小銭は必要ありません。
というわけで、薄い財布の小銭入れの部分がいならいかな?
と漠然と思っていました。

IMG_0005  

では、ようやく新製品のレビューを。
薄いマネークリップ 
小さい小銭入れ

そんなわけで、
今回の新製品は、ワタクシのコンセプトにピッタリとハマリました。


■5日間レビュー 
  薄いマネークリップ


再度、カードの棚卸。
IMG_0012
いやーいいです。ほんと。
お尻ポケットも心もすっきり。
IMG_0013
IMG_0014
高校時代、
ファミレスの店長(男性)に褒められた「おちり」のポケットに入っていることさえ忘れそうです。
それくらい存在感がないのがすごい。


■小さい小銭入れ

小さい小銭入れは、とにかく小さい。
ライターとおんなじです。
IMG_0004  
前ポケットに入れても気にならないです。

鍵については、最近いろいろ悩んでいました。
職場と大学院の研究室の鍵が似たようなもので、
色分けカバーで最近区別して楽ちんになりました。

ただ、毎日、5本の鍵を束ねてじゃらっと出すのはなぁと思っていました。
ここでそんなに工夫しようとか考えていませんでしたし。

今回をきっかけに、
小さい小銭入れ+キーケースで、家の鍵だけ別運用にしてみたら、なかなかよさ毛です。
考えてみたら、休日は、自宅の鍵以外は必要ないですし。

伝わりにくいかもしれませんが、
自宅の鍵を開けるときは、小さい小銭入れを出して使えばいい、
他の鍵のなかからいちいち探さなくてよい、というのは、
小さなストレス解決となりました。

あと、小銭入れには、500円×2と千円札を入れてます。
一応の保険です。
あんまりじゃらじゃら入れて、形が崩れちゃうのが嫌なだけですが。

………


まだ使い始めて5日間ですが、
コイツはいいです。
新しい革もいい感じですし。
また、気がついたことがあれば、エントリーしたいと思います。

にゃー。

  



<よーだん>
最近論文管理で、Evernoteをフル活用してます。
DropBoxなしては生きていけません。
AtokSyncも同上。
CopyとDropBoxの使い分け。
勉強時間管理は、StudyPlusを使用。
非公開blogに飛ばして一覧化。
超整理手帳アプリ×ショットノート×保存するメモ帳でタスク管理
来年の手帳は超整理手帳バーティカル
コンテス(超整理手帳カバー)無くした><
ブロガーズトート×ガジェットケース
GXRオールドレンズさいこう。
ガジェットケースの活用方法
MacBook15購入
iPadmini購入
iPadRetina購入
ミドリノートと帆布カバー
アラフォーの理論暗記法
読取革命すげー

とか、とか、とか、とか、

更新したいネタはたくさんありますが
これを機会に更新してければいきたいと思います。



  ふんまふっふ。 

 
| 「超」いろいろReporter | 21:55 | comments(2) || pookmark |
[勉強] 税理士試験の特徴
 来年の手帳体制について、
 つらつらとエントリーしてきました。
 
 自分の頭の中を整理するためにも、
 やっぱりアウトプットは大事ですね。
 
 さて、ここまで根本的に、
 予定管理、実績管理、タスク管理を再構築したのは、
 今のライフスタイルにあわせたシステムにしなくては
 いけなかったからです。

 2年ほど前から、
 税理士の資格取得のため国家試験の受験生となっております。
 
IMG_0573

 働きながら勉強するということは、
 楽しいのですが、年齢とともに、本当にしんどくなってきます。
 短期間で終わらせるために、
 どうしてもシステムの再構築が必要でした。
 
 別立てでブログもやろうと思ったのですが、
 ちょっと時間もないので、とりあえずここにエントリーして、
 あとで分岐しようと思っていますデス。



 ■国家試験モチベーションの維持

 
 国家試験の多くは、年に1度しかチャンスがありません。
 本試験は年一回。
 
 税理士試験は1科目が2時間ですから、
 1年間の努力をその2時間で発揮しないといけません。
 
 2時間で力を発揮するためには、
 「自信をもって試験会場に足を運ぶ」
 これがとても重要になってきます。
 
 そのためには、
 「自分はがんばったんだ!やってきたんだ!」
 と実感できる自分しか知り得ない裏付け、
 日々の努力の積み重ねがとても大切になってきます。
 
 1年間365日、働きながら勉強を続けるということは、
 なかなかたいへんなものがあります。
 そう、毎日勉強を続けることができる
 「モチベーションの維持」がとても重要なキーワードです。



 ■税理士試験の特徴


 税理士試験の1年間のサイクルとみると、 
 受験生にとって、
 非常に「どえす」なサイクルとなっています。
 
 税理士試験は、
 税理士試験は科目合格制となっており、
 全部で5科目合格すれば、晴れて税理士さんとなることができます。
 
 しかも1科目合格したら、それは生涯保障!
 一次、二次などはなく、3年以内に合格しなければいけない、
 という制約もありません。
 
 しかし、それが受験の長期化を招くシステムでもあります。

  ・受験生の大半が働きながら受験している
  ・合格しなくてもとりあえずご飯は食べていける
  ・専門学校に通うお金の余裕が(私以外は)ある(人が多い)

 そのため、5科目合格して、資格取得までいける受験生は、
 とても少ないのです。

 そもそも9月の受講開始から試験会場にたどり着ける率は、
 大体7分の1程度だそうです。

 さて、そんな税理士試験の年間サイクルは、
 以下のとおりです。
 私が行っているわけではないですが、
 大原はこんな感じです。
 だいたいどこもそうです。

カリキュラム

  8月本試験
 9月〜12月 基礎期
  合格発表12月中旬
 1月〜4月 応用期
 5月〜7月 直前期(完成期)

 と大まかに分類され、通年カリキュラムが組まれています。

 写真 (1)a

 
 時流にのって、
 「ネガティブ思考」で説明させていただくと、
 
 ヾ霑担 9月〜12月

 
 2年目以降は、
 合格発表までの微妙な期間で、
 今年の受験科目が
 「合格しているのか」
 「受験した科目を再受講するか」
 なので悶々としながら過ごします。
 
 税理士試験の「どえす」さは、
 本試験から合格発表まで5ヶ月近くある
 というところに現れています。
 
 正直一番苦しい時期です。
 試験直後に、
  ボーダーライン
  合格確実ライン

 というのが、各専門学校で予想されます。
 その結果を参考にしながら、来年にむけてどの科目を
 受験するのかきめていきます。
 
 しかし、受けた試験の結果が、
 ボーダーライン上だと、悶絶した毎日を過ごします。
 
 確実にダメなら、もう一年同じ科目で受講しますが、
 ボーダーギリギリで、合否がまったくわからない状況では、
 新しい科目を勉強するか、これまでの科目を勉強するか、
 そこらへんももんもん。
 
 もし合格していたら、
 9月から12月までの再受講科目の勉強は、
 無駄になってしまいます。
 
 ここらへんの戦略も大きなポイントです。

 この時期に自分を制して、淡々とがんばれるかどうかは、
 一つの重要な分岐点になります。
 
 
 ちなみにワタクシ、


 初受験の後のこの時期、
 
 
 自分を見失い、6キロ、


 太った時期でもあります。


 
 応用期 1月〜4月


 応用期は、新しい科目の場合、
 基礎期から問題も段違いに難しくなり、
 点数も伸び悩みます。
 「本当に本試験に間に合うのか」
 「自分は向いていないのでは」
 と悶々としながら過ごします。

 
 D樵梓


 直前期は、
 本試験レベルの模試となり、
 「本試験絶対無理」
 「来年までまたがんばろう」
 と絶望しながら過ごします。

 
 初受験の年、
 
 
 絶望的な気持ちで過ごしたこの時期。
 
 
 息抜きで行った居酒屋で、
 
 
 ビール一杯で、
 
 
 トイレでひっくり返りました。
 
 

 大げさなようですが、
 四六時中とはいいませんが、
 一日に数回、本当にこういう気持ちになるのも事実です。

 
 

 つづく
| 「超」整理手帳Stroller | 15:14 | comments(0) || pookmark |
2013年の手帳体制の再構築(3) Log管理について
 
 Log管理については、
 ブログ、TwitterやEvernote、日記アプリ等のデジタルベースや
 いろいろな方法を試してみました。
 しかし、これだ、という方法になかなか巡り会えませんでした。
 
 R0057173
 
 その理由を考えてみると、
 「何のためにLog管理をするのか」

 という目的が明確になっていなかったことが、
 継続できなかった一番の原因だったと思います。

 そのため、
 素敵なイラストが入った方法があると飛びついてみたり、
 仲間内でモレスキンがブームだと飛びついてみたり。。。
 
 今回、
 「何のためにLog管理をするのか」

 について考え直してみると、
 「勉強のモチベーションを継続すること」

 が一番の目的だと再認識いたしました。
 


 
 手帳に勉強内容をつけてモチベーションを継続する方法は、
 漫画「ドラゴン桜」で、試験直前の落ち込みを回避したエピソードでありますし、
 それを目的にした「合格手帳」というものも発売されています。

 もちろん、「合格手帳」も使ってみたのですが、
 ワタクシにとっては、余分なページなどもあり、いまいちでした。
 
  

 
 詳しい話はまたエントリーする予定ですが、
 今回の目的は勉強の実績管理をしっかりとすること、
 とくに、
  理論の回転(理論集の暗記、音読や手書き、白紙展開など)
  答練の回転(計算問題の繰り返し)
  法規集の読み込み
  講義DVDの進捗状況
  個別計算問題の進捗

 ここらへんをぼちぼち記録していく必要があります。
 
 
 ■実績管理はほぼ日手帳で


 実績管理はいろいろ迷いましたが、
 デジタルベースではなく、アナログベース、
 紙の手帳、ほぼ日手帳で行うことにしました。
 
 R0057245

 ほぼ日手帳には、豊富なカレンダーの種類があります。
 そこで
  一日1ページで、日々の実績管理
  年間インデックスで、理論の回転の記録
  月間カレンダーで、勉強時間、計算の答練、DVD視聴の記録大和
 一冊の手帳でこれだけ管理できれば十分です。
 
 まだ迷いながら使っているところがありますが、
 がんばってきた記録は、なかなか効果有りです。
 
 1日1ページ
 左側に、時間と内容
 右側には、その日やるべきタスクを記入して、
 終わったら棒線で消去。
 どこか適当に、その日の簡単な総括を記入。
 (現在は0時以降の下側あたり)
 一番上には、今日の目標、みたいなもの。
 

 R0057161

 年間インデックス
 全部で40問ある理論。
 音読したものを記録。
  


 月間カレンダー
 勉強時間と答練の回数などを記入。
 
 R0057240

 
 ■サイズも手頃で使いやすい


 ほぼ日手帳のレビューは、
 近々単独でしようと思っています。
 
 ワタクシノ場合、
 ほぼ日で予定管理をしようとすると、
 超整理手帳用に改造されてしまった脳みそには、
 ちょっときついモノがあります。

 一覧性依存症

 というべき病にかかっております。 
 
 ただ、
 1年間の実績管理として使うには、
 なかなか優れていると思います。

 文庫本サイズでもあり、持ち運びも良し。
 1年分の実績を、試験前に見直すことを考えると、
 ちょっとわくわくしちゃいます。
  


 ただ、


 
 正直、

  
  
 お言葉は、

 
 
 いらんのですけど。
 
 
| 「超」整理手帳Stroller | 20:07 | comments(0) || pookmark |
[iPadmini] iPad mini 64G black が来ちゃいました!
 いやー
 
 待ちに待ったiPadMiniが発売されましたっ!
 
 
 そして、
 
 
 届きましたっ!
 写真 (4)
 
 むはっ。
 
 HTC Universalに出会ったとき、
 「コイツは長い付き合いになるぜ」
 と直感的に思ったのは06年。
 09年まで使い続けたため3年近く活用した携帯端末は、
 たぶん初めてでした。
 
 
 それと匹敵する予感をさせる端末が、
 iPadminiです。
 
 R0057238

 購入動機などはさておき、
 自分が2日間使って感じている
 iPadminiの魅力をレビューします。


 ■iPadminiの魅力〃擇

 
 まず、最大の魅力は、
  「軽さ」
 です。
 iPadを使わなくなった理由の一つに、
 「重さ」があります。
 200〜300gのBTキーボードとセットで持ち運ぶと、
 結局1kg近くになってしまい、
 「だったらMacBookAirでいいかな」
 となることが多かったわけです。
 
 写真 (1)
 
 当然、用途は違いますが、
 MacBookAirとiPad両方を持ち歩くことはできません。
 したがって、
 どちらかを選択するとなるとMacBookAirでした。
 
 しかし、iPadminiはむちゃくちゃ軽い。
 たぶんですが、
 MacBookAirと一緒に持ち歩けます。
 
 常用しようという気持ちになるし、
 電車でも外でも気軽に取りだして使えます。 
 
 
 ■iPadminiの魅力7.9インチの大きさ

 
  7.9インチは素晴らしいです。
  大きさとも、ワタクシにとっては絶妙です。
  その理由は、
  
 ◆標準カレンダーが実用的
  デジタルにおいても、週間バーティカルのビューが理想です。
  iPhoneでは、なかなか見ようと思わなかった
  カレンダーですが、iPadminiではご覧のとおり。
  タテヨコばっちりです。
   
   IMG_0003
  

IMG_0004

 
  ◆メモ系アプリが2カラムとなる

   これはワタクシにとってはとても大きいのです。
   この大きさで2カラムで使えるのは、とてもうれしい。
   やはり、
   iPhoneBigではなく、iPadminiである
   この点がとても重要なのです。
 
 IMG_0005
 

  ◆A5サイズがばっちり

   A5サイズのメモを最近使うようになったのですが、
   このサイズはiPadminiでもOKです。
   
   R0057239
   
    
  ◆親指入力が使えそう 

   HTC Universal以来、
   電車のなかで立ったままテキストを入力する方法を
   模索し続けてきたのですが、
   ソフトウェアキーボードにどこまで慣れるのか、
   によるのですが、いい感じでいけそうな予感です。
   
   R0057237
   
  
 ■iPadminiの魅力iPadの資産が


 これまでGalaxyTabやKindle Fireにも揺れたのですが、
 やはり、iOSの資産=アプリ群が使えるのは大きいです。
 結構高額なアプリ、
 OmniFocus、OmniOutline、QuickOfficeHDもそうですし、
 その他のアプリも使えます。
 
 とにもかくにも、
 OmniFocusが使えるというのが、
 ワタクシにとっては、大きいのです。  
  
  OmniFocus for iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,450


 
 OmniOutliner App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700



ATOK Pad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200



GoodReader for iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥450



動画スピード調節 SpeedUpTV App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥250



Quickoffice Pro HD – edit office documents & view PDF files App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥1,700




 ■2日間持ち歩いてみて 

 
 iPadminiを使ってみて、感じているのは、
  とても扱いやすい端末だと感じています。
 
 ちょうど記入スペースはあって、自由度は高いけど、
 ちょっと重くて邪魔なA4サイズの紙ノートから、
 
 制約はあるけど、取り回しのよいA5サイズのノートに
 切り替えた感覚です。
 
 この軽さ、気軽さから、
 手書きメモのアプリの活用や、
 スキャンしたアナログデータの活用が、
 大きく変化していきそうな予感です。

 当初、iPadも「外出用端末」としてがんばっていましたが、  
 オフィスorリビングタブレットという活用スタイルに
 なってしまっていました。
 
 iPadminiは、
 本当にタブレットを「外出用端末」として
 活用できるレベルにしてくれたと思っています。

写真 (1)a



 こいつは、
 
 

 本当に、

 
 
 買いですよん。
 
| iPadmini Lover | 10:58 | comments(2) || pookmark |
[iPhone] iPhone5 AU版 ゲットしました。
 人生の中で、もっとも長い時間使っている端末
 iPhoneシリーズ。
 最新iPhone5をゲットしちゃいました。

 


 2週間ほど、


 前の話ですが。。。

R0057228


 
 ■SBからAUにMNP 


 今回は、MNPでSBからAUに、行きました。
 一番はいろいろな場所での電波問題でした。
 
 いろいろ悩んだのですが、
 いまのところ、MNPにあたって、
 まったく不便しておりません。


 それよりも、
 嫁が水没させたiPhoneの後始末に、
 苦労しております。

  
 
 @ezweb.ne.jpの送受信がMacBookAir(等)でも可能

 
 SoftBank版から乗り換えられなかった理由の一つに、
 IMAPを採用している@i.softbank.jpの存在がありました。
 MacBookAirでも、PCでも、メールアプリで送受信可能でした。
 
 これは本当に便利でした。
 
 でいろいろ調べていたら、@ezweb.ne.jpもできる!!
 現在、Sprrowくんで順調に稼働しております。
 
 ここらへん参考にさせていただきました。
 パソコンやiPod touchで「@ezweb.ne.jp」のメールを送受信する
 http://cats-pajamas.sblo.jp/article/53641523.html
 
 Sparrowくんで動作しております。
 
 
 
 AU WiFiが(まあまあ)いい。

 
 良いか悪いかびみうだったのが、
 SoftBankのWiFiスポット。
 もういちいち画面が切り替わり、WiFiに接続される。
 
 使い勝手の面でも不満はあったのですが、
 AU WiFiを調べていたら、iPhone以外に、どれか一台、
 MacでもPcでもタブレットでも、
 使うことができる!
 
http://www.au.kddi.com/wifi/au_wifi_spot/index.html
 

 こいつはすげー。
 
 ちょっと、もたついたり、時々接続できないこともあり、
 完全にWiMAXのルーターを手放すまでにいけていません。

 テザリングと併用すれば、いい感じでいけそうですね。 
  
 
 
 バッテリーが結構もつ(比SB版iPhone4S)


 経年劣化ではなく、たぶん、
 私の行動範囲とSBの電波の関係だと思いますが、
 iPhone4Sでは、一日絶対にもちませんでした。

 夜充電して、朝100%の状態から、
 使い続けて、
 夕方50%くらいキープされています。

 iPhone4Sの時は、朝職場につくと、すでに70%台。
 放置すると夕方には、20%近くになっていました。
 
 一日充電せずとも十分持ちます。

 これは本当にありがたいですです。
 
  

 地図の問題、
 アプリの画面対応問題等、
 いろいろあるにはありますが、
 AU版iPhoneにしてよかった、
 iPhone5にしてよかった、
 そう思える次第でございまする。
 
| 「超」iPhoneGrinner | 17:56 | comments(0) || pookmark |
[タスク管理][GTD] アナログなタスク管理の問題点
 GTDを実践するにあたって、
 収集したリストをどう管理するのか、
 日々のタスクの捕獲から、
 週次レビューでの整理などは、
 アナログな紙ベースで管理するより、
 デジタルベースで、しかもそれなりのアプリを活用した方が、
 私にとっては、より有効に実践できている気がします。
 
 今回は、紙ベースでの
 収集したタスク管理のワタクシにとっての問題点をエントリーします。
 
 
 
 ■個人的な紙ベースのタスク管理の弱点


 
 〇が下手なため参照したくなくなる


 ワタクシにとって一番苦痛だったのが、
 「字の下手さ加減っぷり」でした。
 To-Doノートを見るのが苦痛でした。

 

 

 
 汚い字を見る度に、いくら急いでいたとは言え、
 自分のダメ人間っぷりを自覚させられるので、
 見たくなくなってしまう、という誰にもどうにもできない
 大きな弱点がありました。

 まぁ、これは、ワタクシだけの問題です。 


 ◆崚承の手間」が嫌だった


 一番のワタクシにとっての問題点は、
「転記の手間」でした。

 転記しないと物理的にどんどん埋もれていく。
 新しいページに移行したときも、
 新ノートに変えるときも、
 常に「転記」が必要でした。 

 


 忙しいときにすべてのタスクをはき出して整理していくと、
 過去のタスクがそのノートのなかですごいスピードで埋もれていってしまうのが、
 本当に嫌でした。

 付せんなどで対応したときもありますが、
  紛失可能性(強粘着は高い)
  物理的スペースの制限、
  コスト面での若干の躊躇、
 ここらへんが問題となって、
 機能しきりませんでした。


 マスターノートに縛られる


 「転記」の手間を減らすため、
 タスク管理は一冊としていました。
 そうすると、絶対にマスターノートに記入しないといけません。
 この縛りに苦しめられました。
 
 いろいろな工夫の余地はありましたが、
 結局は、マスターノート以外に記入すると、
 転記、はり付けなどの手間が増えていきます。
 
 当たり前ですが、紙ベースには「同期」というは、
 完全に「手動」でやらなければなりません。
 
 時間があったときは、
 これらを時間をかけて「断捨離」的に整理するのも、
 嫌いではなかったのです。
 新しい発見があったり、関連性が見えたり。
 
 しかし、忙しくなると出来ないシステムというのは、
 タスク管理の方法として、機能していないと思うのです。

 
 
 た年先のタスクなどは管理しきれない

 
 もちろん、
 アナログベースで、工夫の余地があるのはたしかです。

 しかし、
 数年先のタスクなどの管理はとても悩ましかった。
 アナログの場合、リストが把握されているマスターノートは、
 最長、数ヶ月単位で更新されてしまうからです。

 なので、
 数年計画表みたいのも持つことはありましたが、
 当然、別リストになるので、
 振り返り頻度も少なくなります。 
 
 ワタクシ自身は、
 紙や万年筆を使ってノートにメモをするのもスキですし、
 できれば、
 一番好きなライフのノートを使って、
 管理したいと思っていました。
 
 しかし、
 本当に忙しい時に、機能しなければ意味がないわけで、 
 必要最低限の時間と労力で、
 「やるべきことに集中できる時間」を確保するためには、
 やはり、
 アナログベースではなく、
 タスク管理はデジタルのほうが優れていると思っています。
 
 
| 「超」整理手帳Stroller | 12:18 | comments(0) || pookmark |
[タスク管理][手帳]働きながら国家試験に合格するためのタスク管理
  実は、「働きながら勉強する」という環境において、
 「勉強に集中する環境を構築する」ためには、
 「仕事をしっかりとやりきること」がとても重要です。

 非常に逆説的ですが、
 3年間、実践してきた中で気をつけていることです。

 内容はたいした話ではなく、 
 単純に、
 仕事でミスをすると、仕事の時間外でも、
 結構引きずります。
 勉強しているときも浮かんだりしちゃうのです。

 また、
 同時に仕事のやり残しや心配事が残っていると、
 仕事後や週末の勉強で集中できなくなったりするのです。
 
 この事態を回避するためにも、
 仕事をきっちり丁寧にもらさずやる。
 しかも必要最小限のエネルギー消費でのりきる。
 
 これが現在のタスク管理の大きな目標の一つです。
 
 超整理手帳の役割は、
 「時間を見える化して、まとめて作業できる時間帯を確保する」
 ことにあります。
 
 タスク管理の必要性は、
 「まとめて確保した時間で、いかに集中して作業できる環境をつくるか」
 にあります。
 
 せっかく、超整理手帳で予定管理をして、まとまった時間を確保したとしても、
 心配事で集中できなかったり、疲れ切っていたりしたら意味がないのです。
 
 この「集中できる環境」というGTDの核心ともいうべき概念で、
 タスク管理の目的が大きく変化しました。

 とても単純なことなのですが、
 資格試験に意識が行き過ぎるのはやはりよくないことです。
 やるべきことをしっかりとやる。
 そして集中できる時に集中できる精神状態をつくっていく。
 これ、本当に大事なことだと実感しています。
| 「超」整理手帳Stroller | 10:42 | comments(0) || pookmark |
[手帳][タスク管理]週1回 Macのカレンダーに入力する意味
 
 エントリーの順番が、バラバラになってしまいますが、
 予定管理の続編をいくつかエントリーします。
 今回は、
 現在の予定管理の流れ、
  …鏡依手帳A7版で大まかなイベント、タスクを把握
  ∨莉儀醉貌に、仕事と勉強の予定をMac版カレンダーに入力
  F々のActionListをほぼ日で作成。達成ごとに傍線

 の△砲弔い討任后

 あくまでも、
 働きながら国家試験に合格するためのタスク管理
 という前提があり、
 仕事でばりばり活用している方とはちょっと違う視点となっています。
 その点、
 ご了承いただければと思いまふ。
 

スクリーンショット 2012-10-04 12.57.33

 
 ■Macのカレンダーに入力する意味


 タスク管理のポイントは、
  ^貽のタスク処理を過大に見積もらないこと
  2分ルールをしっかりと適用すること→先延ばし防止策
  タスクをすべて捕獲・保管して、適切に割り振ること
  ぜ駄嚇なタスクを予定管理に入れること

 だと思っています。
  
 現在の予定管理の流れ、
  …鏡依手帳A7版で大まかなイベント、タスクを把握
  ∨莉儀醉貌に、仕事と勉強の予定をMac版カレンダーに入力
  F々のActionListをほぼ日で作成。達成ごとに傍線

 という内容です。 

 しかし、 Macのカレンダーに入力はするものの、
 予定自体はあまり参照しません。
 超整理手帳のA7版と
 いつも開いているほぼ日の今日のページで管理します。
 
 しかし、この△離レンダーに入力する作業は、
 私の中で時間管理の大事なプロセスになっています。
 
 それは
 「過大な見積もりを防止する」
 役割を果たしています。
 

ical

 ざっくりと予定を立てたとき、
 自分自身の「願望」が大きく反映し、
 本当に詰め込みすぎます。
 
 しかし、その「願望」を現実に時間に細かく埋め込むと、
 絶対に無理であることがわかります。
 
 仕事もそうですが、
 ワタクシの場合は勉強の計画の場合が多い。
 
 1日に講義DVDを見ようと思っても、
 時間的には12時間見られる時間があっても、
 実際に3時間講義×4コマは、
 かなり無理があります。
 
 ご飯も食べるし、
 休憩もするし、
 飽きてくるし。
 
 しかし、期日までに終わらせたい。
 ここの葛藤がなかなかやっかいなものであります。
 
 無理矢理いけると逆算で詰め込んでも、
 達成できない場合のほうが多く、
 無用な焦りと無力感を味わうことになってしまいます。
 
 国家試験の勉強は、
 逆算と積み重ねの両方をバランスよく考えないと、
 合格することが出来ないのです。 
 
 
 ■15分単位の「見える化」で、過大な見積もり防止


 Macのカレンダーで時間を見積もりながら、
 実際に入力していくと、
 15分単位で「見える化」されることにより、
 だいぶ冷静になって、「願望」を「修正」することができます。

 実際の願望を見積もりにすると、
 終了が26時だったり。

 

 ■紙よりもデジタルのほうが修正は楽 

 
 この点については、紙よりもデジタルのほうが便利です。

 手帳のバーティカルでやってみたこともあるのですが、
 修正やコピペがちゃちゃっとできない。
 「1時間で見積もってみたけど、やっぱり1時間半だよなぁ」
 「ここは3時間もいらないね」
 など、デジタルの場合は入力してみて、
 修正することが本当に容易です。
 
 そして、面積で時間を把握でき、
 物量的に感覚で時間を把握することができるので、
 タスクのボリュームを視覚的に把握することができる。

 予定の見積もりには、とても便利です。


 ■どこまで落とし込むか


 実際にどのレベルまで
 落とし込むかというと、
 けっこうざっくりな感じです。

 作業などは「実務」「雑務」として30分から60分確保したりしています。
 
 その他、
 「移動」「食事」「休憩」「実務」
 をしっかりと確保することと、
 
 勉強時間に関しては、余裕をもった時間配分を意識して、
 長いタスクの後は、ダレも想定して、
 30分程度の休憩以外のバッファーを確保する、
 2日に一度、1〜2時間程度のバッファータイムを確保すること、
 ここらへんは意識しています。
 

 しかし、
 Macでも、
 iPhoneでも、
 Webでも、
 入力すれば一元管理できる。

 便利な時代になりました。


 

 
| 「超」整理手帳Stroller | 09:47 | comments(0) || pookmark |
2013手帳体制の再構築(2)ータスク管理編ー
 社会人になってから、ずいぶんたちますが、
 手帳機能の活用というなかで、
 一番悩んできたのが、
 タンス管理をどうするか、だと思います。
 昨年、GTDに出会ってから、その悩みはほぼ解決しました。






 トップダウンからボトムアップへ
 

 あとは、GTDを実践するうえで、
 自分にとってどのツールが適しているのか、
 という問題だけとなりました。

 現在の結論としては、
 GTDを実践するには、紙ベースより、
 デジタルベースが便利だと感じています。
 
 いろいろ書いていたのですが、
 単純な2013年の手帳体制にまとまりきらない話になってきたので、
 別個にエントリーしていく予定です。




 ■タスク管理の目的


 今年のタスク管理の大きな目的は、

 「仕事の後や週末に勉強に集中するため、
  仕事の漏れをつくらないこと」

 「目標を実現するために、
  中レベルのタスクを設定し、
  細かいレベルまで細分化して、
  積み重ねていけるようにする」
  (もう少し整理したい)


 この2点が大きな目標です。

R0057171

 やはり、現在の目標やライフスタイルごとに、
 今大事なことはなにか、目的意識をはっきりさせることで、
 方法論のイメージも明確になってくる気がします。 
  
 
 ■2013年のタスク管理体制



  □基礎となる考え方→GTD
  □タスク管理のメイン→OmniFocus(iPhone、Mac)
  □リマインダー処理→リマインダー(iPhone、Mac)
  □日々の落とし込み→ほぼ日手帳

 
 
omni

 
 ■ほぼ日の参戦により理想の状況に
 

 
 GTDのタスクリストの管理は、
 OmniFocusで一括管理です。
 ただ、ワタクシの場合、
 OmniFocusにどんどん入力して、〆切りを設定するだけではだめで、
 やはり日々、
 目に見えるところに、
 「今日やるべきこと」が見えていることが重要でした。
 
 そのため、いろいろな方法を試してきましたが、
 上記のツールを使った方法に落ち着きそうな感じです。
 
 □タスク発生
  →出先
    ・OmniFocus(iPhone) レベルを問わず

  →オフィス、自宅等の場合
    ・すぐできるアクションレベルなら、「ほぼ日」のDayページに
    ・すぐできないことなら、OmniFocusに
    ・最悪、どちらでもいい 忘れないことが重要
   
   ここらへんは、ざっくりと処理することにしています。
   そのかわり、
   できれば毎日、できなければ3日以内くらいに、
   ほぼ日に記入した未消化のタスクや問題点、ideaは
   OmniFocusなどに整理するようにしています。
     
R0057167


 今日やるべきことが、
 常に1枚の紙に納まっているのは、
 なんとも安心感があります。
 
 そして、
 自分がやりたいこと、やるべきことが、
 すべてOmniFocusに納まっているのは、
 さらなる安心感を与えてくれます。
 
 だからこそ、



 今目の前のことに集中できるんだなーと



 思ったりしつつ、



 時々、



 上の空だったりするわけです。
 


 にゃー
 
  
  
| 「超」整理手帳Stroller | 06:28 | comments(0) || pookmark |
| 1/117PAGES | >>